ノアコイン,NOAH COIN

ノアコイン(NOAH COIN)

ノアコイン(NOAH COIN)

NOAH COIN (ノアコイン)

 

2017年1月11日にノアコイン(NOAH COIN)の第一期プレセールがスタートしました。
SNS上でも盛り上がっているようですね。
ノアコイン(NOAH COIN)とはどのような仮想通貨(暗号通貨)なのか情報を集めてみました。

 

NOAH PROJECTから紹介動画が配信されているので、まずは確認してみましょう。
再生時間は17分7秒です。

 

 

ノアコインやノアプロジェクトについての分かりやすい説明がされていますね。
動画の内容は、

  • お金の歴史
  • 暗号通貨時代の幕開け
  • 急速に発展するフィリピン
  • NOAH COINとは
  • 世界初 夢の暗号通貨シティ
  • Fintechの今後の市場

 

一応、動画の内容を下記にまとめてみました。

 

お金の歴史

「貝」に始まり、「金貨」「紙幣」「クレジットカード」など様々な変化をしてきた【お金】に新しい動きが急激に起こっています。
それが、『仮想通貨(暗号通貨)』です。

 

暗号通貨時代の幕開け

暗号通貨の歴史
  • 2008年  ナカモトサトシ が論文を発表
  • 2009年  ビットコインの運用開始
  • 2010年  初の商取引 25ドルのピザを1万ビットコインで購入
  • 2011年  TIME誌がビットコインを特集 価格が400倍に高騰⇒ビットコインバブルの始まり
  • 2013年  キプロスの金融危機により、ビットコインの人気が上昇
  • 2013年  中国の富裕層がビットコインを爆買い⇒史上最高価格1200ドルとなる
  • 2014年  世界最大取引所「Mt.Gox」が取引所を閉鎖⇒価格の暴落
  • 2014年  「bitFlyer」「BTCBOX」「coincheck」がサービスを開始
  • 2014年  「Microsoft」社がビットコイン決済を受付開始
  • 2015年  パナマ文書の流出により暗号通貨の需要が拡大
  • 2016年  Etherreum(イーサリアム)がプレセール価格の60倍まで高騰  
  • 2016年  「DMM.com」社がビットコイン決済を開始
  • 2016年  ドイツ・日本で公共料金の支払いを導入

 

価値がつかない暗号通貨の特徴

価値がつかない暗号通貨の特徴を3つ挙げて説明しています。

@下記の3つへの資金投入不足

  • 暗号通貨開発
  • 広告・プロモーション
  • インフラ整備

Aプレセール期間の価格変動
プレセール開始時と終了時の価格が2倍以上違う場合は要注意

 

Bコインの独自性がなく、所有する必要がない

 

ノアコイン(NOAH COIN)は上記のどの項目にも該当しません。

 

急速に発展するフィリピン

NOAH COIN (ノアコイン)
ノアコイン(NOAH COIN)・ノアプロジェクトの対象は「フィリピン」です。
なぜ、フィリピンなのか?
フィリピンは今、急速な発展をしています。

 

NOAH COIN (ノアコイン)

 

そのフィリピンの経済を支える最大の輸出産業が【OFW】です。
「Overseas Filipino Workers」 つまり、海外に出稼ぎに出ているフィリピン人のことです。
OFWは約1千万人もいて、稼いだお金をフィリピンに送金しています。その金額は年間3兆円にもなります。
送金の手数料は年間3,500億円もかかることがフィリピン経済の問題点となっています。
「フィリピン人が稼いだお金を、より多くフィリピン人に還元する」
その思いからノアプロジェクトが立ち上がりました。

 

NOAH COINとは

ノアコインの運営元

フィリピン経済の発展、国内に存在する様々な社会問題を解決するために政財界の有志が集まって設立されたのが
【NOAH FOUNDATION(ノアファウンデーション)】です。
この、ノアファウンデーションがプロジェクトを運営します。

 

ノアプロジェクトの特徴

    ノアプロジェクトでは、

  • システム開発
  • 広告・プロモーション
  • インフラ整備

に全資本を投下します。
それ以外のことには資金流出させません。

 

ノアコインの販売エリア

フィリピン・日本を皮切りに、アジア・世界へと徐々に拡大していきます。

 

ノアコインとビットコインの比較
決済スピード
  • 「ビットコイン」  送金に10分程度時間を要する
  • 「ノアコイン」   決済スピードを極限まで抑える

 

プロモーション・インフラ整備
  • 「ビットコイン」  サービスや広告を主体的に行う運営元が存在しない
  • 「ノアコイン」   政財界が協力して普及に努める

 

発行方法
  • 「ビットコイン」  マイニングのために莫大な電力を消費し環境破壊につながる(年間約1,000億円)
  • 「ノアコイン」   100%POSにより無駄なマイニングはしない

 

以上のことから、ノアコイン(NOAH COIN)はビットコインの問題点をすべて克服した
「次世代型の暗号通貨」と言えるでしょう。

 

システム上のその他の特徴

予定されているシステム上のその他の特徴は下記の通りです。

  • 保有者への配当がある(初年度20%)
  • NOAHウォレットの開発(主要暗号通貨に対応)
  • ウェアラブルウォレットの開発
  • 独自APIを公開し法定通貨やネットバンキングと連携

 

広告・プロモーションについて

広告・プロモーションの予定は下記の通りです。

  • テレビCM・ラジオCM
  • グーグルアドワーズ・フェイスブック広告
  • 高速道路・機内広告

 

インフラ整備について
  • 専用プリペイドカードの配布
  • 世界中の取引所へ導入予定

これにより、世界中のVISA・MasterCardが使える場所で決済が可能になります。

 

世界初 夢の暗号通貨シティ

全ての場所でNOAHCOINが使える街【NOAHCITY】の開発が進められます。
NOAHCITYには下記の施設が作られる予定です。
そこでは決済がNOAHCOINで行えます。

  • アミューズメント施設
  • ショッピングモール
  • ホテル
  • カジノ

フィリピンエアラインズ・財閥・大手企業が共同で開発を進めます。

 

Fintechの今後の市場

20世紀以降の世界に変革をもたらす3つの革命が起こりました。

  • パソコンの開発
  • インターネットの誕生
  • 仮想通貨(暗号通貨)の誕生

仮想通貨の推定市場額は6,000兆円とも言われています。
今後、仮想通貨は生活に必要なものとなっていくでしょう。
「興味がない。」で済ますことができなくなりますね。

 

NOAH COIN (ノアコイン)